1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

復習:2018年2月17日 京都10R橿原S(1600万H・ダ1200m)

予想はこうでした。winwins.hatenablog.com

 

 

複勝的中です!(結果的に)

ハイペースを予想しましたが、3番や6番は全く行く気配なし。3F以降はむしろ若干遅めの展開。
4角1・2番手の馬がそのまま入線しているとおり
先行馬にとって楽な展開だったようです。

なぜこのような展開になるのか…。逃げたのが武さんだからでしょうか?

f:id:winwins:20180220232354j:plain

そんななか1番人気の14番ゴルゴバローズは、スタート直後にぶつけられて躓いています。
遅れを取り戻そうと脚を使ってリズムを乱したのか、直線反応ありませんでした。
もしスムーズだったら結果は違ってたかも。

ゴルゴバローズの次走、もし人気を落とすようなら美味しいことになるかもしれません。

 

今回、1番人気馬を無理に切る理由をハイペースに求めました。

アクシデントがあったため、結果オーライとなりましたが、

順調なら普通に馬券になっていたでしょう。

人気馬をどう馬券に絡めるか、まだ答えが見えません。