1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

予想:2018年3月3日 中山7R(3歳500万・ダ1200m)

まず中山7Rから。
 
逃げるのは1番トウカイパシオン。前走逃げて大差勝ち。絶好枠で今回もハナを切りそうです。これに競り掛けるのは3番レトリックでしょうか。1番の楽逃げは難しいでしょう。一方の3番は初ダートですしレベルが異なる可能性があるので要注意です。
 
気になるのが6番クワトロダッシュブリンカーです。「ダッシュ」の名の割には出遅れ気味のレースが続いていますが、これでダッシュを決めることができれば面白い存在となりそうです。
 
現級で好走しているのは12番クレヴァーバッチ、10番ハーモニーライズ。
それ以外で注目できるのは11番シキシマでしょうか。中山で未勝利戦を勝った馬の中では比較的良いラップタイムで走破しています。
 
複6
馬単3→6,10,11,12,13
三連複3-6-10,11,12,13