1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

予想:2018年3月3日 中山11RオーシャンS(4歳上G3・芝1200m)

高松宮記念へのステップになるレースですね。
この秋以降の短距離重賞戦線で結果を残しているのは1番フミノムーン、4番ビップライブリー、9番ネロあたり。

G1を意識して路線変更をしてきた馬、8番リエノテソーロ、15番レーヴミノル、または函館でレコード勝ちした5番ジューヌエコールあたりは強い競馬をするかもしれません。ただ、その確証もないので、扱いが悩ましいレースです。

 

レースを引っ張るのは13番ナックビーナスか、もしくは9番ネロか。
いずれも逃げ必須なタイプではないですが、逃げて成績がよいのは9番の方。
9番が逃げて13番が追走する平均ペースを想定します。楽逃げしないよう13番はピッタリマークして、直線で抜け出しを図るでしょう。
2頭の行った行った、ということは考えにくいので、どの馬がこの2頭を捉えるのかがポイント。どの馬にもチャンスありそうです。

路線変更の馬があっさり突き抜けることもあり得るでしょうが、軸には据えにくい。そうなると、中山での成績がとても良い3番アルティマブラッドが気になります。28戦のうち、5回出走している中山ではすべて馬券になってます。3番手からの抜け出しに期待します。

また10番ダイメイフジは、鞍上にMデムーロを配して権利を取りに来た感ありありです。京都での近3走は今回と条件が違いすぎて参考にするのは難しいですが・・4走前の1000万条件を勝ち上がったレースは中山だったので、好走すると見ます。

 

複3
馬単10→3,8,9,13,15
三連複3-10-8,9,13,15