1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

予想:2018年3月4日 小倉12R 八代特別(4歳上500万・芝1200m)

同じクラス・コースで、
追い込んでいつも2着の馬 VS 先行していつも2着の馬
が1・2番人気になっています。なかなか興味深いレースですね。
 
両者の前走ラップはこんな感じです。

11番タイセイブレークの前走(2/17大牟田特別)は、1-2Fは小倉としては平均的なペースでしたが、3F目に息が入ってます。11番は直線急追しましたが、3F目での貯金が効いたか、逃げた馬がそのまま先頭でゴールして及ばすの2着。
 
10番マイネルアムニスの前走(2/24合馬特別)は、3F目までスロー。先行勢に1着馬が4角から直線へ向かって仕掛けていき、3頭が加速してそのままゴール。実質前3頭のみで走ったような競馬でした。ここで2番手だった10番は仕掛けた1着馬には先着を許したものの、逃げ馬を交わして2着となりました。
 
ちなみに10番の2走前(2/13巌流島特別)も重ねてみますと

ここでも先行して2着。2走前の方が前半速いですが、前半余裕をもって後半加速する点では同じようなレースをしてますね。
 
一方で11番の方は5走前と6走前が同クラス・コースでしたので重ねてみますと、

5走前、6走前も追い込んで2着。余裕残しの先行勢を猛追するという点ではこちらも同じようなレースをしています。
 
さて、こんな場合、どちらが勝つのでしょうか??
この場合、勝つのはこちら!
と明言できればいいのですが、まだ勉強不足です。
 
さて、このレースで逃げるのは初ブリンカーとなる3番プラチナコードでしょうか。これを10番が追走する構図となると、今回もスローな展開が予想されます。
これに11番が直線急追するわけですが、現時点でも内が止まる馬場ということではないので、10番が有利だと考えます。
 
馬単10→11
単10