1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

復習:2018年3月3日 阪神12R(4歳上1000万・芝1200m)

予想はこちら。

 

緩い流れになりそう、と予想しました。

実際には1番ダイシンバルカン2番リリーヴィクトリーが競っちゃいましたね。

結果、極めてペースが上がってしまいました。

f:id:winwins:20180306232247j:plain

 

これで先行勢が残るのは無理でしょう。
差し馬をうまく引っ張ってしまった感じです。
ハナ争いするのではなく、2番サフランハートを先に行かせて1番は番手につけて欲しかったです。2番と3番は隣枠同士なのが問題だったかも。
 
4番サフランハートは最短コースを通って勝利。2着の6番メイショウカリンは、進路が空くのを待った分だけ遅れたように見えました。
 
このレースの馬券は1番と4番のみで構成しました。
でも1番は単勝人気が示すとおり、そこまで信頼できる馬でもないし、走る確証があったわけでもないです。ヒモとして評価すべきでした。
あくまで信頼軸は4番サフランハートの方で、こちらを軸にすれば的中は容易だったはず。馬券を絞り込みすぎでした。まずは的中が欲しいところでう。