1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

中京芝1200mの研究

今週から中京開催なので、予想の前に「中京・芝1200m」について考えてみました。
 
まず、全競馬場の芝1200m(1000万条件)平均ラップです。 
 
ぱっと見、そう大差ないようにも思えます。
が、それでは話が終わってしまうので、
Y軸を拡大しつつ、見やすくするため函館・札幌を抜いてみました。

中京の特異性がなんとなく浮かび上がってきます。
どの競馬場よりもガツンと3F目が緩むんですね。
 
中京のバックストレッチは下りですが、315mしかないのでコーナーでブレーキが掛かり、ゆっくりコーナーを回ってくることになるようです。
直線は415mなので、2Fの途中から4F目がすべてコーナーリング中のタイム。
そして5F目からは丸ごと真っすぐ走った場合のタイムとなります。
直線の坂は5F目にあたりますが、緩いペースの割に直線で時計が速くならないのは坂のせいでしょう。
 
さらに整理するため2Fごとに纏めてみました。

f:id:winwins:20180310105011j:plain

1-2F目がバックストレッチ、3-4F目が3~4コーナー、5-6F目がホームストレッチだと考えると(相当アバウトな捉え方ですが)、 
 
「コーナー出るまで相当緩く、直線向いても速くならない。」
 
という特徴があることが分かります。(ざっくり)
 
では、そんな中京コース、どんな馬を狙えばいいのでしょう。
一番近いラップを刻むのは、強いて言うなら新潟コースです。
ただ、同じ左回りでローカル開催ですから、あえてラップ推移を持ち出さなくても皆さん予想では考慮されているでしょう。 
 
もうちょっと突っ込んで考えてみますと、
ペースが緩いわけですから、後ろからの競馬では届かないと考えるのが基本でしょうか。1200m競馬なら当たり前の結論ですけどね。
直線が長く坂もあるから差し馬向きのコースのように思ってしまいがちですが、差し馬に過度に惑わされない必要があるように思います。
もちろん直線の長いということは、逃げ馬にとっても後続が来る前にゴール板に逃げ込むことも難しいわけですから、狙うべき馬とは、先団につける自在性があって、直線に向いたときに一気にギアチェンジできる馬、ということでしょう。
 
そのような馬をどう探すか、極めて難しい課題です・・・
 
 
 
 (2018.3.11追記)
中京ダートについても考えてみました。
よろしければ併せてご覧ください。