1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

中京ダート1200mの研究

 

昨日は中京芝1200の研究をしたので、今日はダートについて考えてみました。

まず、全競馬場のダ1200m(1000万条件)平均ラップです。

 
中京ダートコースは4F目の緩さと5F目の加速が大きな特徴です。
2F目の後半と4F目まではコーナーリング中のタイムとなりますが、ここでスピードが出ないのはコーナー半径が小さいからでしょうね。複合コーナーでもなく曲がり方は一様で、京都のような坂の下りもないので、順調にスピードが落ちる寸法です。
一方で5F目は加速しています。中京ダートの直線は411mですから、5F~6F目はまるごと直線です。
コーナーが急な代わりに直線が長く、かつ相当息が入っていることもあって加速できるのだと思われます。

というわけで、中京ダートコースの特徴を纏めれば
「コーナー出るまで相当緩く、直線ヨーイドンのコース」
ということになります。

先行馬にとっては道中楽ができるので有利なコースだと言えます。
直線が長いため差し馬に勝機があるように思えますが、前にいる馬も余裕たっぷりなので、相当極端な脚質の馬じゃない限り差し切りは難しそうです。
よいポジションにいれば、どんな馬にでもチャンスがありそうにも思いますので、先団にとりつき、直線に向いたところで加速して突き放せる馬を探したいところです。
が、芝の場合と同様、そのような馬をどう探すか、極めて難しい課題です・・・

ひとまず、1F目を除いて新潟ダートとラップライムの推移はほぼ同一ですから、新潟での好走馬には注目したいですね。
 
 

こちらはご参考まで。