1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

復習:2018年3月11日 中山7R(4歳上500万・ダ1200m)

予想はこちら。 

 

またもや残念。
レースは3番ギンゴー、5番リトルレグルス、12番バナナボート、16番サンジレットが先行。一時は4頭横一線になりましたが、その割にはペースは上がらず、ちょい緩め~平均的なペースでレースは進みます。

 直線では先行集団のうち5番リトルレグルスと16番サンジレットが抜け出しを図りました。ここでレースが終わってれば予想的中となるのですが、2番手集団から9番トウショウデュエルと13番エタニティワルツ、そして後方集団から10番タイガーヴォーグが差してゴール板を駆け抜けました。
先週のまとめでも書いた「平均ペースの場合は前でもなく後ろでもなく、中団の馬に勝機あり」というやつでしょうか。
 
勝ったのは13番エタニティワルツ。成績はぱっとしてませんが、そこそこ人気していました。(4番人気)
JRA-VANデータマイニングではまあまあの評価でしたから、気にはなってたのですが、その根拠がいまいち飲み込めないので外していました。
中山では走ったことがないから可能性あり、という評価ならできるのですが・・・そのあたりが分かるようになるとレベルアップするかもしれません。