1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

復習:2018年3月17日 阪神10R なにわS(4歳上1600万・ダ1200m)

予想はこうでした。

 

一応当たってます!
・・・が、実際には投票出来てません。締め切りでした。
 
レースは15番ラルーズリッキーではなく、12番ジ―プルメリアが逃げる展開。

f:id:winwins:20180319004632j:image

 
3角から4角、直線へと失速せず逃げ、ゴール板を駆け抜けようとする寸前で、10番サクセスエナジーに交わされました。
スタートは出負け気味のサクセスエナジーでしたが、どんどんポジションを押し上げて先団にとりつきます。普通こういうレースをすると勝負所では燃料切れになるものですが、この馬は違いました。強いですね。
 
13番ヤサシサは発馬直後に行かせないよう手綱を引いていました。道中も行きたがる素振りを見せてました。行かせて残るか怪しいですが、不完全燃焼の印象です。次は悔いを残さぬよう逃げに転じるのではないでしょうか。
 
12番ジ―プルメリアは惜敗。幸J曰く、「3角で2回影を踏んで無駄な脚を使った」そうです。
映像を見返すと・・・確かにハロン棒の影を飛越しているような動き、ありました。ハナ差となれば、この微妙な動きでも勝敗に関係してしまうのですね。