1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

予想:2018年3月24日 中山6R(4歳上500万・ダ1200m)

このクラスで惜敗を続けていた馬に順番が回ってきた感じのレースです。
7番シャンパンサーベルか9番トウショウデュエルが有力に見えます。
 
レースは1番カキツバタチグサか11番タイセイラピッシュが逃げる展開。
両馬ともに逃げて2着の実績がありますが、今回は1番がハナを奪うと見ます。それほど速いペースで逃げてないので、今回も緩めの展開が予想されます。
また、もしかしたら12番アンジェリーが行くかもしれません。遡ること20走前、同コースで逃げてます。しかもコンマ2秒差の3着。その時の鞍上は今回と同じ柴田善J。ちょっと怪しいですね。
 
これらに7番シャンパンサーベルと9番トウショウデュエルが襲い掛かる展開。
前で競馬ができるのは9番トウショウデュエルですから、確実性はこちらの方高そうです。
 
あと注意すべきは、大きく条件を変えてきた馬。
前述の12番アンジェリーと16番スマートサクソンです。
16番は鞍上が田辺Jというのが気になります。
 
馬連9-1,12,16
ワイド12-9,16