1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

予想:2018年4月7日 中山7R(3歳500万・ダ1200m)

逃げるのははっきりしませんが、1番ノボベイビーか、10番マリノディアナか。16番エナジーピエトラが行くかもしれません。
中山らしい前傾ラップで流れるところ、2番手集団からの抜け出しを16番エナジーピエトラが抑えることが出来るかどうか、といった展開が想定されます。

 

ここで抜け出すのは5番リードザウインド。
前走(3月3日中山7R)では強い逃げ馬に逃げ切られての2着でした。
このレースで3着となったクレヴァ―パッチは次走(3月31日中山6R)で1着。直線では同じ脚色で追い込んだ馬が500万を勝ち抜けたとあれば、ここはリードザウインドの勝機と思われます。


前に行く1番ノボベイビー、9番マリノディアナ、16番エナジーピエトラ、昇級初戦の9番グラスレオ、条件替わりの14番トッカータを絡めて

単5
馬連5-1,9,10,14,16