1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

復習:2018年4月7日 中山12R(4歳上500万・ダ1200m)

予想はこちら。

 

これも当たりました!
このレースも3F目が比較的遅いペース、一方で5F目が速くなっています。

f:id:winwins:20180411000241j:plain

 

5F目のラップは4角で5番ライバーバードが仕掛けたためペースアップしたものでしょう。ここで15番カキツバタチグサは脱落。逃げた11番チリーシルバーは直線最後まで粘りました。
この争いに4番タイガーヴォーグ、1番トウショウッデュエルがG前で急追したものの、ほんの少しだけ届かず。結果4番ライバーバードの勝利です。

 

内枠ながらスタート直後に進路を外にとり、コーナーでは外をまくり気味に追走。内田Jの積極騎乗が勝利をもたらしたと思います。

 

初の1200mだったチリーシルバーの粘りには注目です。結果4着でしたが次走も期待したいですね。一方で、4番タイガーヴォーグ、1番トウショウデュエルは勝ち切れない競馬が続いています。着差はほとんどないですが、前2頭が速め先頭で競った結果、最後脚が上がったため際どくなったと考えれば、見かけよりは惜しくない結果のように思います。こうなると相手が弱くなるのを待つしかなさそうです。