1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

復習:2018年4月8日 中山12R(4歳上1000万・ダ1200m)

 
予想はこちら。

 

 

ペースはとしては中山のお手本のような流れですね。もちろん前傾ラップで速い流れと言えます。

f:id:winwins:20180411001340j:image

このところ後ろからレースを進めていた16番ビービーサレンダーは、今回は中団で追走。これが功を奏しました。
8番ノーフィアーは前に行かずビービーサレンダーの直後につけましたが、切れ味がない馬には厳しいポジションでしたね。なぜ前に行かなかったのでしょうか・・・
 
先行勢の1角、14番ペイシャバラードは最後まで粘りました。前に行ければ力を出せる馬です。このペースで最後まで粘ったのであれば、今後も期待できるでしょう。
 
あと注目の15番デュピティプライムは馬券圏内には入りませんでしたが、差し脚はこのクラスでも通用しそうです。追い出すタイミングさえ最適化されれば、次はさらなる前進が期待できそうです。