1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

9/16-17の復習

先週は(も)5戦0勝と馬券は芳しくありません・・・
ペース予想に難がある模様。それでは復習です。

9/16(日)

阪神9R

逃げたのは1番ソーディヴィアン。
直線に向いて一旦は後続を突き放すも最後は追い込んだ馬に抜かれて5着。
もうちょっと我慢してほしかった。
ですが、前半ペースが速かったからか、他の先行勢はほとんど失速していますので、よく粘ったように思います。
マイペースで行けると予想しましたが、13番ボーサンシー、
16番ロマンチストが競りかけたため、ペースを落とせなかった感じです。
1着はタガノアム。
差し馬ペースとなったわけで、展開が向いた部分もありますが、
最内を上手く通って1着。岡田Jナイス騎乗ですね。
2着ハニージェイドも差してきました。この馬向きの展開だったと思います。
3着はタテヤマ
このレースに限って言えば、昔のように後方待機でもよかったかもしれません。
ただし、よい位置で競馬ができてますから早々に勝ち上がりが期待できそうです。
1番人気のアルーアキャロルは6着。
出遅れが響きました。伸びてはいましたが、
追い込み馬じゃないので最後方からでは厳しかったですね。
詰められる範囲にも限度がありました。

 

中山10R

ペースが遅いわけでないのに、4~5F目にかけて加速する奇異なラップ。
4番ラフィングマッチは相当な逃げ巧者なのかも。
そんななかで3番手につけた11番ショウナンアエラが抜け出し快勝。
6番イルサチホープはいい位置で競馬が出来ました。
直線の抜け出し方も完璧でしたが・・前にいる馬が強かったですね。
後ろにいた馬たちはお呼びでなかったです。

 
 
 

中山12R

3F目に息が入ってる割には、先行勢は最後粘り切れてないですね・・・
結果的に差し・追い込み馬が上位にくる展開でした。
サンライズカナロアは直線絶好のポジショニングでしたけど
追っても伸びず。この馬はハナをきってナンボのようです。
1着はメイケイダイハード。
中団から競馬をする同馬にぴったりの展開だったと思われます。

 

9/17(月)

中山10R 浦安特別

 
スロー予想でしたが、レースはハイペース。
ペース予想は難しいですね・・・トウカイパシオンはそんな中でも
先行してしっかり残しました。1着・2着とも後ろからの差し。
ハイペースが得意の馬ということでしょう。
単穴でねらった2番ノーフィアー、直線では手ごたえ抜群のように
見えましたが進路がなかったです。残念。
 

 

阪神12R

ハナを切った4番スターカットダイヤはそのままゴール。
ハイペースを予想しましたが、それほど競った感じもなく
先行勢有利な展開になりました。
2番手追走のエッシャーも3着に入線。
 
そのなかで唯一追い込んできたのは8番スマートアルタイル。
単穴として狙ったものの、中途半端に2位。
走ってくれるなら、突き抜けてほしかった・・・
相変わらずスタートは悪いので、次走過信は禁物か。
 
7番メイショウジークもよい位置取りで力は出したと思うのですが
前が止まらないペースだと、もっと前で競馬をすべきでした。