1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

10/13予想(京都6R、新潟8R)

先週の振り返りです。結果は7戦全敗でした・・・残念。
 

10/13(土)

京都6R

 
人気集中のバーニングペスカの除外で波乱含みのこのレース、
ペースは京都としては普通であるが、想定どおりスローの部類。
これは12番ワイルドフォックスに有利な形、と思いきや、
直線で瞬時に後続に飲まれて終了。
レースをコントロールしたわけでも、自分から動いて勝ちに行ったわけでもなく、
ゆっくり進んで直線よーいドン。これでは馬券にならない。
勝ったのは9番ジュエアトゥー。3番手につけて自ら動いて抜け出し。
力どおりの勝利。
2着はセルバンテスカズマ。距離短縮で新味を見せた。
スローななか追い込んだという意味では次走注目したい。
 

 

 新潟8R

8番コウエイダリアの見事な逃げ切り勝ち。
直線で後続が追い込むものの影を踏ませず突き放し。
前後半ほぼ同じタイムで、序盤しっかり溜めて5F目で加速。
レースを支配するとはこういうこと。森Jお見事。
一方、2番トワイライトライフはなんだか消極的に映った。
16番タケショウベストは最後方からの追い込み。
3番手には上がったが、このペースでは・・・
お粗末な位置取りと言いたいところ。
(賭けてるんだからそれくらいは言わせてほしい)
 

 10/14(日) 

新潟4R

逃げたのは12番レッドオリアナ。
前走も逃げてるので変ではないが、前走よりも1秒近く早いペースでの逃げ。
そのペースに引っ張られて前行った馬は楽には行けず失速気味。
そんななかで中団から競馬を進めた4番タマモサザンクロスは
しっかり1着を確保。力の違いを見せつけた。
ただし、ヒモに挙げた先行馬は失速気味であったため馬券にはならず。
そもそも対抗とした14番コンテンポラリーは前に行けず中団からの競馬。
持ち味活かせず11着に沈む。

 

新潟7R

 
3番メイショウバイタルは直線で猛然と追い上げるも、
2番手追走から抜け出した9番コスモジョーカーを捉えきれず。
突然の激走、地方でなにかを掴んだのはミヤビランドではなくこちらだった。
11番人気でまさにジョーカー。4F目の息の入り方が有利に働いたか。
 

 

京都12R

 
一流騎手同士の熱い駆け引きが見られると期待したこのレース、
これにより逃げると思われた戸崎Jの12番コパノキッキングが
後退して後方からの競馬となり、予想外の展開となった。
これに乗じたか、逃げた武Jの7番スマートレイチェルは
前半上手くペースを落として、直線ではリードを広げ、逃げ切り勝ちか
と思われたところ、なんとコパノキッキングがほぼ最後方から追い込んで1着。
 
レースラップ的に言えば、前半溜めた分だけ最後の1Fは速い。
このペースチェンジに他の馬は追いつけず、スマートレイチェルの
勝利は目前だったところに、それを逃げの一手だったはずの
コパノキッキングが差し切り。偶然とはいえ底知れぬ力を見せつけた。
 
本命にした13番タガノヴィッターや15番ジープルメリアはそれなりに走ったが、
展開が特異だったせいか、埋没。
また4番アスタースウィングは3番手でよいポジションに居たが、
直線のスマートレイチェルの再加速に付いていけなった。
 
全体がスマートレイチェルの逃げに幻惑されるなか、
規格外の競馬をした馬が1頭いた、という感じ。