1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

10/21の予想(新潟11R、京都12R)

菊花賞はブラストワンピースですかね。前走は古馬相手に完勝、ダービーでも直線スムーズならもう1馬身は前にいたはず。ダンスな7番ユーキャンスマイルも気になるところですが、ここは1200m専科。本日の予想です。
 

新潟11R 北陸S

・逃げ馬、展開
 逃げるのは9番プレシャスエースか。ただ、前走逃げてるが芝1600mでのこと。その前はしばらく逃げてない。これが行かなければ4番ニホンピロヘーゼル、6番ラズールリッキー、12番モズワッショイあたり。いずれにせよペースはスロー。
 
・有力馬
△5番タガノアム
 500万を抜けるのに10戦かかった馬が突如連勝。
下のクラスで足踏みしてただけに、フロックにも見えてしまうが・・・馬が変わったのか。上のクラスの方がレースが流れて走りやすいということか。
そういう意味では今回は不利。小頭数のレースでは余計な心配かもしれないけれど。
 
◎10番タガノヴィッター
 連闘。前走は強い逃げ馬を強い差し馬が差し切ったレースで、その中で埋没した感がある。今回の対戦相手は常識的・・というか前走よりは楽なメンバーだから、普通に好走期待。
 
・その他注目馬
ここまでスムーズに使われたことが少ない。休みだらけな馬がここで叩き3走目。急に走ってもおかしくない。
 
・馬券
タガノヴィッターから
馬連馬単 10→3,4,5,6,8,12
 

京都12R

まだまだ伸びしろがありそうな7番デンコウケンジャに注目。
単複7