1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

11/10-11の復習

先週は4戦1勝、馬券的にはマイナスでした。
もう世間は今週末の予想に移ってるところだと思いますが、
先週の復習です。
 

11/10(土)

福島8R(的中)

 
1着は1番タケショウベスト。
1番枠だから包まれたり大外回して無駄足使ったりしないか
心配だったが、今回は中団につけて4角をまわすときに
きれいに内から抜け出し。よいコース取りだった。
 
7番ヒロイックアゲインは2着。
上手く先行したが、相手が悪かった。
10番フレンチイデアルは最後方から。
ゲートは決めても進んでいかない感じ。
レース条件を変えた方がよさそう。
 

 

福島12R 相馬特別

13番コスモペリドットは直線抜け出すかに見えたが、
内から掬われ、外からもG板前でかわされて3着。
前走+32kg、今回は-8kgの500kgで出走。
1年前に500万勝った時は476kgだから、
ベストというには遠かったのだろう。
もうひと絞りあれば。次走に期待したい。
 
勝ったのは4番メイショウシャチ。
3歳時に500万を勝ってから、ほぼ2年間、
そこそこの競馬を続けていた。
それが急に前走2着、今回1着。なにがあったのか??
前走がフロックと決めつけず、改めて確認すべきだった。
 
それにしても、ラップを見ると4F目に大きくペースダウン。
先行勢には向いた展開で、これでは後ろの馬は全力出しても届かない。
今回の開催はこのケースが多いように感じる。
 
 

 
 
 

京都12R

 
発馬した瞬間は終わったかに見えた1番スペシャルホース、
直線最後方から大外一気の強襲で1着。
ミルコJがすごいのか馬がすごいのか、
1~3着まで後方の馬ということは展開も向いたのだろう。
2F目までは速いので先行勢には余力がなかったかも。
僅差ではあるので、もうちょっとペースが遅ければ、
8番ダノンコスモスや14番タガノプレトリア
馬券になってたかもしれない。

 
 

11/11(日)

福島9R(予想せず)

1着は12番トロピカルスパート。
後方追走ののち、直線外に出して余裕の差し切り勝ち。
前走は前残りになるなか、よく5着まで追い上げていた。
今回は福島、ここの失速ラップがばっちりこの馬に嵌った感ある。

 
 

福島10R 福島2歳S

 
1着は内に進路をとって抜け出した5番ジャカランダシティ。
1番人気で本命の15番バイロテクニクスはしっかり脚は使った。
が、大外回した分届かず2着。
よいフォームだとは思う。ただ、エンジンのかかりが遅い感じだし、
少なくとも福島向きの馬ではないということか。
次は1400mくらいで使ってきそうだが・・・次も注目したい。