1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

12/8-9の復習

阪神JFは欲張りすぎました。
でもプールヴィルは前カットされなければ
順位は上だっただろうし、
タニノエミッションもトロシュナも
いつか走ってくるとは思うんですけどね。
 
それはさておき、1200m戦の方は3戦1勝。
1200mに限って言えば収支プラスでした。
それでは復習です。
 

12/8(土)

中京3R

2番ワンダーグロワールと
1番ヒロノオリオンが行きペースは平均的。
ただし4F目が極端に遅い一方で5F目は急加速。
このペースに先行馬2頭は付いていけず後退。
 
代わりに3番手追走のゼセルが
抜け出したところに
16番メイショウバイタルが迫る・・・
かに見えたが
その直後に後続が詰めかけ、
8番ファビラスヒーローが1着。
結果的に差し馬向きの展開ということか。
 
本命のメイショウバイタルは5着。
どうも一瞬しか脚が使えないようだ。
小回りの方がいいかも。
 

 
 

中山10R アクアラインS[的中]

前半は澱みのない平均的なペース。
そのまま失速ラップでゴールへなだれ込むかと
思いきや、5F目に3番手の6番クイーンズテソーロと
逃げる9番スマートレイチェルが加速したため、
後ろの馬は追い込んでも届かず。
 
前残りというより、
1・2着馬が強かったというべきだろう。
クイーンズテソーロはオープンでも十分やれそうだし、
スマートレイチェルもそのうち勝てそう。
 
一方で10番オーヴァーライトは内から追い込み。
それなりに伸びてはいるが、展開が向かなかったか。
 

 

12/9(日)

中山8R

スロー予想でしたが
ハトマークレディが行って、前半ペースは速め。
これを2番手で追走した11番シャインヴィットゥが
直線向いてから抜け出し、1着。
12番ブラックランナーは直線手ごたえ十分だったが
シャインンヴィットゥが止まらず2着。
1番ドリュウは追い込み急だったが3着まで。
6F目が思ったよりも失速しておらず、これでは届かない。
人気薄のワンツーだが、フロックではなく
人気の盲点だった感じ。
 

 

中山11R カペラS・G3

11番サイタスリーレッドや12番ナンチンノンが行って
ハイペースとなった。
一番人気のコパノキッキングは出遅れ。
直線向いても最後方だったがここからごぼう抜き。
1頭だけ芝コースを走ってるかのよう。
これは芝の重賞に挑戦してほしいところ。
 
2着はハイペースのなか残したサイタスリーレッド。
差し馬優勢ななか、残したのは力がある。
行ってこその馬ということだろう。
 
5番タテヤマは馬券圏外ではあったが、善戦。
先行勢で残ってるのはサイタスリーレッドとこの馬だけ。
このクラスでもやっていけそう。
 
6番オールドベイリーは期待外れ。
4角の挙動が妙だったが・・・口を割って
急に頭の方向を変えてるところを見ると、
逸走しそうになったのか?
まだ見限るには早いので、次走も注目していきたい。