1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

1/26-27の復習

先週は5戦2勝でした。

ロードエースに張りすぎたため、収支はマイナスでしたが

ちょっと手ごたえを感じています。

それでは先週の復習です。

 

1/26(土)

中京4R

ペースは極めて緩く進行するなか、
3番コロニアルスタイルが先行して抜け出し。
よい位置につけて自ら動けるのは力がこの中では抜けてる。
それを追い詰めたのは2番タイムレスメロディ。
この馬の取捨検討がすっぽり抜け落ちてた。猛省。
そもそもコロニアルスタイル以外は
ドングリの背比べなのだから、馬券的には総流しでもよかったくらい。
一方で1番ヒザクリゲは3着。
勝負所で並走するタイムレスメロディに
進路を先に奪われ、もったいない競馬だった。
7番ジョワイユは確実に脚を使ってるが、
これだけ前半遅いと届かない。展開次第の馬。
穴期待した13番トウケイゴコウは出足つかず、
かつ道中抑える競馬をしてるように見えた。
まだ力を出し切ってないはず。次走も注目したい。
 
 
 

中京8R(予想せず)

7番レッドランサーがぶっちぎりの勝利。
ただ、前半ペースは相当緩いので、だいぶ楽した感じがある。
次走は同じようにいくかどうか。

 
 

京都11R 橿原S

本命にした2番ロードエースは内で詰まって届かず。
極めて残念としか言いようがない。
予想としてはストロベリームーンの安定感に
頼っていくべきだったか。
 
 

中京12R(予想せず)

1着はコパノディール。いつもは後ろからなのに、
先行策とは戸崎Jのナイス騎乗。
レースは直線向いてから大きく加速しているので、
後ろにいては全く届かなかっただろう。
単勝1倍台の断然人気だった15番デルタバローズは3着。
伸びてるけれど、もう一つ切れがない。
ダートだったら失速ラップとなってちょうどいい感じで走りそう。
 
 

1/27(日)

京都7R

レースは8番ノボベイビーと6番アカツキジョーが
競るかに見えたが、すんなり隊列が決まって落ち着いたペースに。
このため前につけた馬での決着となった。
1着は3番手で競馬をした12番メイショウジーク。
手ごたえ十分で、やはり前走のレースレベルは高かった。
2着は先行したノボベイビーがそのまま残った。
今回馬券的には軽視して的中できなかったのが残念。
自分のペースで行けばこのくらいはやれるということ。
2番ラインジェットはいつも通りの脚は使ったけれど、
このペースでは届かず。展開が向かなかった。
 

  

京都9R 若菜賞[的中]

道中緩かった分だけ直線よーいドンの競馬となった。
そこで良い脚使ったのが
9番エイティーンガールと7番タマモメイトウ。
位置取りの違いで1・2着が決まった感じ。
期待した10番セプタリアンは行き脚付かず、バックストレートで
3番手まで押し上げたのが響いたか、直線は伸びず。残念な競馬だった。
 

京都11R シルクロードH・G3[的中]

レースは14番セイウンコウセイがとばす展開。
やや先行勢に不利な展開のなか、
5番手にから直線抜け出した2番ダノンスマッシュが1着。
強い。これは高松宮杯の主役。
2・3着は追い込み馬。
一方で2番人気のラブカンプーは殿負け。
セイウンコウセイのペースに惑わされたか、
まだ仕上がってなかったか。次走の取捨選択が悩ましい。
 

中京12R(予想せず)

1着は12番ズアー。この成績で2番人気?と思うけれど
調教が良かった点が評価されていたということか。
中京特有のやや中間が緩いラップ推移とはいえ
6F目が失速しないのは次走も期待できる。
2着は追い込み急だった11番ヤマニンペダラーダ。
毎度末脚は確実。相手がズアーじゃなければ勝ってたはず。
今回は特に展開が向いたわけでもなさそうなので
この走りが出来れば勝てそう。

 

番外編:東京11R 根岸S・G3

コパノキッキング強い!
マーフィーJ曰く1200mの方がよいそうだが・・・
フェブラリーSは菜々子Jで参戦。
菜々子人気となるか、それとも短距離馬として嫌われるか。
楽しみ。