1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

2/17予想(京都6R、小倉7R、京都11R大和S、小倉12R)

久々のG1、フェブラリーSの日です。
マーフィーの距離コメントはありましたが
コパノキッキングには頑張ってほしいですね。
ただ、馬券的にはオメガパヒュームか
ユラノトから行くのが妙味ありそうですが・・・
というわけで、本日の予想です。
 

京都6R

・タイム水準
 必要な持ち時計は1'12.2程度だが、これを満たす馬はいない。
 
・レベルの違う馬 
 見当たらないが、12番アカネサスが初ダート。
 芝ではオープンクラスで出走していたので他とは違う可能性がある。
 
・逃げ馬、ペース
 3番フォレブルートが行く。
 これに競りかけるのは12番アカネサス、14番セイウンコービーあたりか。
 それなりに流れそう。
 
・有力馬
〇3番フォレブルート
 前2走とも逃げ。距離を詰めれば粘りこめるかも。
 アカネサスとの兼ね合いがすべてか。
 
△1番ヒデノヴィーナス
 前走はフォーブルレートと同じレースで3着。
 他の馬と同じように上がってきながら競り負けてる所を見ると
 順位は上でも評価するならフォーブルレートの方か。
 
◎12番アカネサス
 新馬戦後4走はすべてオープン競争。
 前走は阪神JF組が上位となるなか逃げての6着。
 ダート適正はよくわからないが、
 本走のレベルならクリアできる可能性。
 
△13番イーサンパンサー
 前走ごぎょう賞では3着。
 別に悪くないけれど強く推せるほどでもない。
 
・その他注目馬 
▲11番エヴァキュアン
 前走ごぎょう賞ではタイミングナウに常にプレッシャーを受けながら
 逃げる展開。結果4着だったが、イーサンパンサーよりは評価したい。
 
△8番サーストンバラーラム
 前走の1着馬は強すぎたので実質2着。
 ただ、もうひと伸びあればもっと評価できたのだが。
 
・馬券
 単複12
 馬単12→1,3,8,11,13
 

小倉7R

・タイム水準
 必要な持ち時計は1'8.3程度。
 この時計でのレース経験がある馬は
 4番キスミーワンス、6番ハトマークワルツ、
 13番メイショウベルボン、15番ダンシングチコあたり。
 
・馬場
 昨日の最終Rは先行馬決着だったが、
 開催4日目でそろそろ差し有利になると思われる。
 
・レベルの違う馬
 13番メイショウベルボンは現級勝ち、1000万でも2着の実績あり。
 あと5歳にして3走目の12番カワイアラは気になる存在。
 
・逃げ馬、ペース
 逃げる馬が見えてこない。9番ステラローザあたりか。
 
・有力馬
 9番ステラローザ
 成績的にはあまりぱっとしないが
 人気なのは調教が良かったということか。
 
〇10番スターリーステージ
 初1200m。前にも行けるし差しても脚は使える。
 自在に立ち回れるのが強み。
 
△15番ダンシングチコ
 初1200m。大幅な距離短縮で新味見せるか。
 差し馬なら馬場的に有利な可能性。 
 
・その他注目馬 
◎13番メイショウベルボン
 走れる体制にあればあっさりも。脚質も向きそう。
△2番シトリカ
△4番キスミーワンス
△6番ハトマークワルツ
△11番グジニッジヴィレジ
△18番ディヴァインハイツ
 差しが期待できそうなので。
 
・馬券
 単複13
 馬連13-2,4,6,10,11,12,15,18
 
 

京都11R 大和S

・タイム水準
 必要な持ち時計は1'10.7程度。
 この時計でのレース経験がある馬は
 1番メイショウワダイコ、2番ニットウスバル、3番ヴェンジェンス
 6番タテヤマ、9番スズカコーズライン、13番ナンチンノンあたり。
 
・レベルの違う馬
 2番ニットウスバル、4番ウインオスカー、13番ナンチンノンは
 JRAオープンクラスでの勝利経験あり。
 また10番ジューヌエコールは芝G3勝ち。
 
・逃げ馬、ペース
 8番ゼンノサーベイヤー、9番スズカコーズライン、13番ナンチンノン、
 どの馬が行くことになるか分からないが、逃げてこその馬たちだから
 ハイペースは必至だろう。
 
・有力馬
 ダートは前走が初戦で2着。負けた相手はコパノキッキング。
 しかも一旦は軽やかに抜け出している。
 となると、前走で底が見えたわけでもなく、
 まだまだ買えると考えた方がよさそう。
 
〇6番タテヤマ
 初重賞の前走では先行勢が失速するなか、4着に食い込んでる。
 1着はコパノキッキング、3着はキタサンミカズキとなれば
 重賞でも十分戦えることを証明した形。ここでも好走期待。
 
△11番ヤマニンアンプリメ
 まだオープンの壁は厚そうだが、差し決まる展開であれば見限れない。
 
・その他注目馬
△2番ニットウスバル
 オータムリーフS勝ちで、近走もそれなりに走ってるので侮れない。
 差し脚が活きる展開なら。
 
▲9番スズカコーズライン
 逃げて強しで今回も必ず行くと思われるが、
 同型馬、特に隣枠のゼンノサーベイヤーとの関係が問題。
 ただ、54kgですいすい行っちゃう可能性も捨てきれず。
 
4番ウインオスカー、
 千葉S勝ち。しかも重・不良馬場を除けば7走連続で連絡み。
 ただ長期休み明け、鼻出血だったそうだから今回は様子見か。
 
△13番ナンチンノンは
 昨年の覇者。1年に1回好走。周期的にはもうそろそろだが、
 8歳でトップハンデだとさすがにどうだろうか。
 いや油断は禁物か。
 
△5番オウケンビリーヴ
 差し脚戻れば。
 
△1番メイショウワダイコ
 一気に斤量が軽くなってるのが気になる。
 
・馬券
 単複10
 馬単10→1,2,5,6,9,11,13

 

 小倉12R 紫川特別

・タイム水準
 必要な持ち時計は1'7.9程度。
 この時計でのレース経験がある馬は
 1番、2番、5番、6番、7番、10番、12番、17番、18番

・レベルの違う馬
 5番コロラトゥーレ、10番ミラアイトーンは現級勝ち済み。
 また9番シャドウノエルはまだ5戦目で上昇ムードある。
 
・馬場状態
 7R時点でも、前が止まるような状態になっていない。
 が、芝のレースはまだ3戦ある。差しの方に重点を置きたい。

 

・逃げ馬、ペース 
 13番リンシャカイホウが行く。
 他に競りかける馬はいないがここは小倉。
 スローってことはないだろう。

 

・有力馬
〇11番シャドウノエル
 前走は中団からしっかり前を捉えて1着。派手な勝ち方ではないが勝負強そう。

◎6番タイセイブレーク
 追い込む脚は確実に繰り出せる。展開次第。 10番ミラアイトーン
 小倉で現級勝利。ただし長期休み明けな分割引か。

 

・その他注目馬

▲13番リンシャンカイホウ
 ほかに絡む馬がいなければスイスイ行ってしまう可能性もある。

△2番ロイヤルメジャー

△3番メイショウシャチ
△7番メイケイダイハード
△12番カネトシブレス
△16番アンインジュリー
△18番ミトノアミーゴ
 手広くヒモで考えたい。

 

・馬券

 単6
 馬連6-2,3,7,11,12,13,16,18

 

番外編

東京6R
 叩き2走目の11番ブランメジェールに注目。
京都10R
 5番コパノディールに注目。
 前走はまさかの先行策で1着。今回も前に行けば。