1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

2/16-17復習

先週は7戦で4勝しましたが、
的中馬券はほとんどが抑えの複勝で収支はマイナス。
馬券をどう組み立てるか、大きな課題です。
それでは復習です。
 
 

2/16(土)

小倉10R かささぎ賞[的中]

先行勢は一旦は直線抜け出したように見えたが、
追い込み馬に一気に抜き去られた。
前半楽をした割には最後まで粘れず。
1~3着はいずれも差し追い込み。
12番ラミエルは出遅れながらも1着。
13番グッドレイズは先に抜けたラミエルには
届かなかったが、追い込み急だった。
 

 

小倉12R 大牟田特別

外から差し馬が来る画を描いてたが、行った行ったの決着。
3日目では馬場は荒れなかった模様。
5番クーファディーヴァ、13番ショウナンタイザン
8番グッドジュエリーなどはよい脚は見せたが
前が止まらないと勝負にならなかった。

 

京都12R[的中]

差しで決まったレースで、5~6F目が減速してない点が
目を引く。4~5F目が緩いからなのかもしれないが、
このパターンは強い馬が出走した場合に見られるように思う。
1着は6番ハニージェイド。内から真っすぐ突き抜けて1着。
よくもまあコースが開いたものだ。川田Jのナイス騎乗。
8番メイショウアリソンは外回して抜け出したのに
内から掬われた格好。一番強い競馬をしたのはこの馬かも。
残念だったのは5番テーオージーニアス。
直線で進路を探してる間に終了。最後は伸びていただけに勿体ない。

 

2/17(日)

 

京都6R[的中]

本命の12番アカネサスは2番手追走して、一旦は先頭に
立ったが1番ヒデノヴィーナスに捉えられて2着。
目標にされてしまった感ある。
初ダートかつ1200mだったが次は勝てるだろう。
ヒデノヴィーナス、前走に続いて前の馬を追いつめる
スタイルで今回は1着。馬券になるかどうかは別として
凡走はしなさそうなタイプ。
また、1番人気だったフォレブルートも前半速いペースで
逃げて4着に粘っているところを見ると力はある。
次走も注目したい。

 
 

小倉7R

最後の1Fが大きく時計がかかってる割には
先行馬で決着している。
5F目の加速が効いたのかもしれないが、
差せるだけの脚を持つ馬がいなかった、
という方が正しいかも。
期待した13番メイショウベルボンは期待外れ。
叩いてからか。

 
 

京都11R 大和S[的中]

逃げるはずの9番スズカコーズラインは激出遅れ。
遅れた、というよりゲートの後ろにいた係員の方の
手の合図に合わせてゲート内で
先に動いてしまったようにも見えた。
 
レースの方は有力な逃げ馬が脱落してもハイペースの展開。
10番ジュールエコールは4、5番手を外回して追走。
一旦は抜け出すも、11番ヤマニンアンプリメに
捉えられて2着。目標になってしまった感ある。
ただ、ハイペースを外回して追走しつつ抜け出してる
ところを見ると、負けて強しと言ってよい。
 
馬券的には馬連なら獲れてたが、
頭は固いと思ってたのだからしょうがない。
複勝で抑えられただけよしとするべきか。

  

小倉12R 紫川特別

小倉の芝レースは昨日から外差し決着を狙っていたのだが
ようやく最終レースに出現。
レース展開自体は小倉にしては結構緩いペースなのに
前が残れなかったのははやり内は走りにくかったのだろう。
 
狙い通り!と言いたいところだが
軸にした6番タイセイブレークは内で包まれ
突き抜けるコースなく終了。
この騎乗には極めてがっかり。
 
いや、騎手のせず自分として反省すべきは
内枠の差し馬を軸にしたことだろうか。
軸流しではなくボックスで行くべきだったのかも。
勝ったのはミラアイトーン。
今回は様子見だと思ったが、外回して余裕の勝利。
力の違いを見せた。上でも活躍しそう。