1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

3/23-24の復習

先週は惨敗でした・・・勝利を確信していた
日曜日中京10Rのズアーが2着で損害大。
勝負するなら阪神10Rのミラアイトーンの方に
行くべきでしたね。それでは復習です。
 

3/23(土) 

中山7R ダ500万

本命の1番ライバーバードは逃げて6着。
14番エンパシーに始終絡まれて結果的に消耗した感じ。
そもそもこの馬、先行して勝ち負けを繰り返している
けれど、前半3F 34秒4以下で走った場合には馬券に
なっていない。今回(34秒1)は同馬の能力を
超えてしまったのだろう。一方で同型馬のエンパシーは
33秒8で馬券になるのだから、競ると予想するなら
エンパシーのペースで進むと考えるべきだった。
結果論だが単勝1倍台になるほどの抜けた実力なく、
現級勝ちしてるとはいえ、勝つまでに3回連続2着
だったのだから、なにか足りない馬なのだろう。
 
一方、1着は好位追走から抜け出した
10番ジェットコルサ。こちらは休み明けで
リフレッシュできたのかも。
6番サンジレットは安定した力を見せて2着。
穴期待の7番ハービーボンズはいい所なく9着。
パドックでチャカつきが見られ、
力を出し切れなかったのかもしれれない。

  

中山10R 春風S ダ1600万

逃げた7番サニーサンダーは直線で失速し
4番アスタースウィングが抜け出したところに
後方から13番アシャカダイキが追い込んで1着。
前半3F33秒6のペースで、同級の中山コースとしては
平均的だが、他コースと比べると速く、前行く馬が
持ちこたえきれなかった結果か。
2着に踏ん張ったアスタースウィングは
次走期待できそうだし、1番人気の12番ルッジェーロも
先行勢の一角。なかなか馬券にはならないが
弱かったわけではないので次走以降も注目したい。

 

阪神12R ダ500万

比較的緩いペースで進行し、
前残りの決着となりそうなところに
中段から4番ミッキーマインドが差して1着。
これまでも末脚は繰り出していたけれど
ようやくここで決めることができた。
1番人気のアストロノーティカは激出遅れ。
勝ち馬と同じくらい末脚は目立ったので
もったいない競馬だった。

 

3/24(日)

中山5R 3歳・芝500万

先行争いが繰り広げられるかと思ったら、全く逆。
超スローで1200m戦なのに隊列が団子状。
4番ルマーカブルの上手い逃げにまんまとやられた形。
8番ヴォイスオブジョイは1倍台の人気に推されたが
これでは届かない。

 

中山7R ダ500万・牝

それほど速いペースでもないが、前に行った馬に
粘り切るだけの力がなかったのだろう。
一気に追い込み勢が迫ったが、先に直線5番手から
抜け出した13番グラスルーナが1着。
2着はゴムマリ。パドックでチャカついていたけれど

 

中京8R ダ500万

7番バルコラベーロの逃げ切り勝ち。
直線向いた5F目での加速がいまいちなのだが、
これで逃げ切れたとなると追う馬のレベルが
あまり高くなかったのかもしれない。

 

阪神10R 淀屋橋S 芝1600万

前走強い競馬で勝ち上がった1番ミラアイトーン。
ここでも力が違った。4番手から直線で進路を
確保したのちはすっと抜け出し。
オープンでも十分やれる。引き続き注目したい。

 

中京10R 岡崎特別 芝1000万H

高松宮記念よりも注目していたこのレース。
大本命の2番ズアーは残念ながら2着。
1着の6番スターリーステージも前走強い競馬を
していたので、ズアーだけに肩入れするのは早計だった。
相手とコースが悪かった。スターリーステージは
展開に合わせて競馬が出来るので、上でも活躍しそう。

 

中京11R 高松宮記念・芝G1 

優勝はミスターメロディ。
新王者誕生、であるが、芝1200mが初めての馬が
いきなりスプリント王というのはモヤっとする。
 
今回の高松宮記念は内枠で楽に先行できた馬が結果的に
上位に来ている。「最終週だけBコース」の効果か。
2着のセイウンコウセイはさすがG1馬。
まだ枯れてなかった。
3着は17番人気のショウナンアンセム
内に飛び込んだのが功を奏したように見える。
35戦して1200m戦は今回でまだ3回目。
初勝利は1200mなのに、なんだかとても
遠回りしてるような・・・
 
1番人気のダノンスマッシュは4着。
直線向いた時の位置取りは最適だったと思うのだが
外を回した分だけ弾けなかったか。
モズスーパーフレアは前半32秒台の脚を使うことなく
後退した。逃げ馬が連続して走るのは難しいようだ。

 

中山12R ダ1000万

1着は16番シアーライン。前走に引き続いて
とてもきれいな競馬をする。もう6歳なのでこれからの
伸びしろは分からないけれど、もっと上に行ってもよい
走り方だと思われる。