1200m専科

JRAのスプリント競馬を研究するので

MENU

3/30-31の復習

土曜日はなんとかプラスに収まったけれど
日曜日は惨敗でした。それでは復習です。
 

3/30(土)

中山6R 3歳・ダ500万

3歳500万にしては相当なハイペース。
ハイペースは予見できたが、4番オルタージュも
6番メールデゾレも共倒れにならなかったのが想定外。
前走では前崩れの中で粘ってるだけあって
今回もしぶとい競馬をした。
ただ、楽逃げできたわけではないので、
好位からの馬(ナスノダケ)に差されることに
なったのはやむを得ない。2頭とも次走狙っていけそう。
一方、本命にしたナランフレグは出遅れた分だけ
前半余計な脚を使ってしまったか。

 

中山8R ダ500万

まさかのレイデマーの逃げ。5F目の加速が力強く
さらに上を目指せそうな走りを見せた。
地方で地力をつける馬は確かにいるが、
出戻り1走目は凡走だったから、なかなか印は回せない。
本命にしたサトノユニゾンは力があるところは見せたが、3着まで。

 

中山10R 千葉日報 芝1000万

想定通りカッパツハッチが逃げ。
前半は標準的な時計だが、5F目に加速できたとなると
まだまだ余力があるのだろう。後続を抜かせず1着。
ビリーバーは直線でカッパツハッチとショウナンマッシブに
囲まれて足を余したようにも見えた。

 

3/31(日)

阪神5R 3歳ダ500万

オリオンパッチが力の違いを見せた。
まあ前走出遅れたのにハナを奪うような走りを見せる馬なので
このくらいは当然か。
ペースとしては緩い部類だが、中団でデムーロJが手綱を引き気味して
なだめつつ、直線抜け出したのちは後続を突き放し。
1200mというよりは、それより長い距離のレースみたいだった。
折り合いがつくのだったら、1400mや1600mで出た方がいいのかも。

 

阪神7R 芝500万

ライオネルカズマ途中からハナに立ちそのまま逃げ切って1着。
初1200mで前走は障害戦。これで5番人気なのだから馬券上手の人は多い。
先行勢は結果的に楽した感もあり、レジーナファーストは
よく追い込んだけれど届かずの2着。

 

阪神8R ダ1000万

1着はペルペティオ。
外目2〜3番手で追走して4角でまくり気味に進出。
この加速が強烈なのは5F目のラップタイムを見るとわかる。
逃げたエネルムサシはこれで失速してしまった。
ペルペティオは前走でヒロシゲゴールドに付いていっての
5着だから、力上位と判断すべきだった
一方、バーニングペスカは2着。しっかりついて行ってるから
力は確実にあるが相手が悪かったか。次こそは。

 

中山11R 船橋S 芝1600万

ペースが落ち着いたため、先行勢で決着。
好位から進出したライトオンキューが1着。
初1200mだが距離短縮は問題なかった。
本命のイサチルホープは届かない位置からの競馬だった。
前走は逃げて新味を見せて臨んだ今回、頭数も手頃で
逃げやすかったはずなのに残念。

 

中山12R ダ1000万

ラスト1Fまではレッドアネラが逃げ切るかと思われたが
粘り切れす6着。若干でも溜められてれば違ったはずだが
一本調子を強いられたからか。
1着はハングリーベン。好位から競馬ができる馬は安定感がある